花粉症予防対策


冷水摩擦・乾布摩擦との関係

「身体を鍛えることで花粉症を予防する」といった考えから、冷水摩擦や乾布摩擦が効果的であるといわれています。
しかしこれは、全く根拠のない噂です。これらを行うことで、花粉症が予防できるという可能性はありません。
ただし、花粉症の症状を軽くするという点においては、完全に否定することはできません。
「花粉症になることを予防する」と「花粉症の症状悪化を予防する」ことは意味が違うので、情報を得る際は言葉のニュアンスに注意しましょう。

 

気管支喘息の補助的療法

冷水摩擦や乾布摩擦とは、気管支喘息の患者が症状を軽減するため、または症状が出るのを予防するために補助的療法として、行われることがあります。
皮膚には多くの血管や神経が分布しています。ですから、温度刺激や摩擦による刺激を与えることで、皮膚の副交感神経が緊張状態となります。
反対に肺の副交感神経の緊張状態を軽くするために、喘息の症状が軽くなると考えられているのです。

 

鼻に分布している副交感神経の緊張を軽くすることで、花粉症の症状が軽減する可能性がなくはありません。
しかしながら、あくまでも推測ですから効果が期待できるものではありません。
そもそも、冷水摩擦も乾布摩擦も気管支喘息の患者、全てに効果があるわけではありません。

 

「花粉症の症状を軽くする可能性があるかもしれない」と思い、試すのであれば行ってみても良いでしょう。
くれぐれも「効果がある」わけではないことを忘れないで下さいね。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!