スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉


近畿地方

●飛散の特徴
特色のある植物は多くありませんが、地域によっては注意するべき植物があります。
たとえば、オオバヤシャブシです。六甲山に多いといわれ、地域によってはスギ花粉症より重症とされています。5〜30%の人にリンゴやナシ、モモといった果物を食べると喉のかゆみや違和感などの症状が現れる場合があります。

 

●飛散の地域差
和歌山県ではウメ花粉症を発症する人がいます。ただし、飛散距離が短いため、100m離れるだけで軽くなるといわれています。
また、クリの花粉症も兵庫県ではあります。

植物名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スギ
ヒノキ
ハンノキ
コナラ
カモガヤ
ブタクサ
ヨモギ
  • 白:ほとんど花粉が飛散していない時期
  • 黄:花粉が飛散し始める(終える)時期
  • 赤:花粉が飛散している時期

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!