スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉


北海道

●飛散の特徴
本州との大きな違いは、スギが非常に少ないということです。その一方で、シラカバ属を中心としたカバノキ科の飛散がとても多いのです。
北海道で特に注意するべき花粉は、カバノキ科、イネ科、キク科ヨモギ属などです。

 

●飛散の地域差
北海道だけであっても、飛散状況や種類は大きな違いがあります。
函館、札幌、旭川で比べてみるとキク科ヨモギ属においてはほぼ飛散数に差はありません。
しかし、イネ科カモガヤ、オオアワガアエリなどは北の方ほど多く、カバノキ科シラカバ、ハンノキは札幌、旭川、函館の順となっています。ちなみに、函館は札幌の10分の1程度の飛散量です。
スギ花粉においてはほとんどが函館のみですが、本州の平均の半分以下となっています。札幌にいたってはわずか程度の飛散量です。

植物名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スギ
ヒノキ
ハンノキ
シラカバ
カモガヤ
ブタクサ
ヨモギ
  • 白:ほとんど花粉が飛散していない時期
  • 黄:花粉が飛散し始める(終える)時期
  • 赤:花粉が飛散している時期

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!