スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉


 

花粉症のピーク


 

花粉は1年中飛んでいるものですが、春と秋が花粉の主なピークとなります。
日本ではスギ花粉症患者が多く、4人に1人がスギ花粉症であるといわれています。

 

もう少し詳しく見てみると、春はスギを中心とした木による花粉秋はイネ科植物を中心とした草による花粉がピークを迎えます。

 

日本は細長い地形をしているので地域によっても花粉の種類や飛散時期が異なります
大体の花粉情報を知ることで、花粉症の予防に繋がります。少しでも和らげたいと考えているなら、まずは知ることから始めましょう!

 

春の花粉症

春の花粉症の代名詞といえば、スギ花粉。ヒノキ花粉症患者の約70%がスギ花粉症であるといわれています。ですから、2つの花粉症を持っている人をスギ・ヒノキ花粉症と呼びます。
スギ花粉がほとんど飛散しない北海道では、ハンノキ花粉・シラカバ花粉が主な花粉症の原因となっています。この花粉症は、果物過敏症を併発する人も多いため、注意が必要です。

夏の花粉症

主な花粉症といえば、イネ科花粉症です。スギ花粉とは違い、飛散距離は数キロ以内です。また、本州では梅雨期と重なるためあまり発症することがありません
しかし、北海道では梅雨がなく、比較的に乾燥しているので広範囲で散布する可能性があります。ですから、患者が春より増加する傾向にあるのです。
またこの時期はカモガヤだけでなく、他のイネ科植物であっても花粉症になる可能性があります。

秋の花粉症

秋の花粉症の原因は、ブタクサ花粉やヨモギ花粉が有名です。
ブタクサに関しては減少傾向にあるのですが、果物過敏症を併発する可能性があることを覚えておきましょう。
一方のヨモギ花粉症は、近年増加傾向にある花粉症です。こちらも果物過敏症を併発することがあります。

冬の花粉症

花粉が全く飛散ないわけではありませんが、少し気を緩めてもいい時期です。
しかしながら、早ければ1月下旬にはスギ花粉が飛散する可能性もあります。つまり、早い時期から対策を取ることが、何よりも効果的な予防策に繋がるのです。

花粉症飛散時期 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状記事一覧

北海道花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴本州との大きな違いは、スギが非常に少ないということです。その一方で、シラカバ属を中心としたカバノキ科の飛散がとても多いのです。北海道で特に注意するべき花粉は、カバノキ科、イネ科、キク科ヨモギ属などです。●飛散の地域差北海道だけであっても、飛散状況や種類は大きな違いがあります。函館、札幌、...

≫続きを読む

東北地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴東北地方で飛散する花粉についてですが、関東地方と大差はありません。しかし、南北に長く、太平洋側と日本海側では気候条件が違うため、一概に言うことはできません。●飛散の地域差カモガヤは牛の飼料として牧草地で栽培されているため、酪農地帯が多い東北地方では空き地や道路沿いなどに繁茂しています。そ...

≫続きを読む

関東地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴関東地方では、スギ・ヒノキ花粉と同じ頃にカバノキ科のハンノキも飛散します。その後、クヌギやケヤキ、カシなどが飛散し、これが終わるとイネ科やブタクサ、ヨモギなどが飛散し始めます。●飛散の地域差関東地方は花粉の種類が多く、時期もバラけているため、ほぼ1年中何かしらの花粉が飛散しているのです。

≫続きを読む

東海・北陸地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴東海・北陸地方において、主な花粉の種類はスギやヒノキ、イネ科やヨモギといったように関東地方とほぼ変わりはありません。しかし地域によって異なるため、飛散量や種類に差が生じています。●飛散の地域差特別注意するべき花粉の飛散はありません。木本植物と草本植物では飛散時期に差があるため、大きく分け...

≫続きを読む

近畿地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴特色のある植物は多くありませんが、地域によっては注意するべき植物があります。たとえば、オオバヤシャブシです。六甲山に多いといわれ、地域によってはスギ花粉症より重症とされています。5〜30%の人にリンゴやナシ、モモといった果物を食べると喉のかゆみや違和感などの症状が現れる場合があります。●...

≫続きを読む

中国・四国地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴関東地方などで見られる花粉も飛散していますが、ネズやオリーブ、ススキといったように中国・四国地方独特の花粉症もあります。花粉症の原因となっているすべての植物の時期を見てみると1年を通して何かしらの花粉が飛散しています。●飛散の地域差ネズは瀬戸内地方の花崗岩地帯に多く分布しています。スギ、...

≫続きを読む

九州地方花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

●飛散の特徴他の地域と大きく異なるものはありません。次から次へと何かしらの花粉が飛散しているものの、夏頃は花粉の飛散はほとんどありません。●飛散の地域差カラムシは全国的に多く植生していますが、中でも長崎県では自生が多くなっています。また、イタリアンライグラスは明治時代に牧草用として導入されました。し...

≫続きを読む

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!