花粉症状


ヨーグルトの効果

毎年花粉症の時期になると必ずと言っていいほど、注目される食品がヨーグルトです。
花粉症をテーマにした情報番組や雑誌の特集などで目にしている人も多いでしょう。

 

しかし、どうしてヨーグルトは花粉症に効果があるのかをご存知ですか?
「効果があるならとりあえず・・・」と思って食べている人も少なからずいるのではないでしょうか。
ヨーグルトと花粉症の関係について、少しだけ勉強してみませんか?

 

そもそもアレルギーにかかる人というのは、腸の働きやバランスが良くないのです。
そこで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取することで、腸の環境を改善します。これが、花粉症を緩和させる理由です。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌L-92株を摂取することで、目のかゆみなどが軽減するという実験結果が出ているのです。

 

もう少し詳しくみてみましょう。
体内にはTh1細胞とTh2細胞という免疫細胞があるといわれています。
Th2細胞は花粉に対して、過剰なアレルギー反応を引き起こすといわれています。
2種類の細胞の量はまちまちではありますが、Th2細胞の方がTh1細胞よりも体内で多い状態になると花粉症の症状が重いものになります。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、Th1細胞の働きを活性化させてくれます。
つまり、ヨーグルトを食べて症状が軽減するのは、Th2細胞よりTh1細胞が増加しているからなのです。

 

アレルギー症状を引き起こす原因の一つに体の免疫機能が働いていないことだとも言われています。
ですから、正常な免疫機能を取り戻すためにも、腸の働きをよくすることが重要なのです。

バナナの効果

花粉症予防の食品として、密かに注目を集めているのがバナナです。
昨年、東京理科大学薬学部の谷中昭典教授がバナナで花粉症を軽減できると発表したのです。

 

マウス実験の結果によると1日10g程度のバナナを3週間摂取したところ、生体内免疫力を高め、スギ花粉によるアレルギー反応を抑制するそうです。
体内にあるTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れることで、花粉症やアレルギー疾患がおこるといわれています。
バナナはこれらの細胞を調整する役割を持っていることがわかったのです。

 

人がバナナを摂取して、花粉症を軽減させるとなると1日に3〜4本食べる必要があります。
ただし、動物実験の結果が出ただけですから、必ずしも人に効果が得られるわけではありません。

 

しかしバナナを食べるだけで花粉症の症状を緩和させることができるかもしれないので、試してみる価値はありそうですね。
バナナヨーグルトとして、一緒に食べてもいいかもしれません。

レンコンの効果

テレビや雑誌などで再び注目を集めている花粉症予防の食べ物といえばレンコンです。
以前にも花粉症予防に効果があると期待され、様々なところで話題になっていました。

 

レンコンに含まれる成分(ムチン・タンニン・ポリフェノールなど)は、体内のアレルギー反応を増幅させるリンパ球の発生を抑えるといわれています。
つまり、花粉症もアレルギー疾患の一種ですから、花粉症の原因となる抗体の発生を抑制してくれるのです。

 

さらに、レンコンと乳酸菌がタッグを組むと花粉症の改善に抜群の効果があることをご存知でしょうか?
自然食品を用いて花粉症体質を改善できるなら、早速試してみる価値があります。
薬とは違い、副作用の心配がないので安心して試してみて下さい。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!