花粉症状


緑茶の効果

最近、緑茶が健康食品の一つとして注目を集めているのをご存知ですか?
インフルエンザ予防や殺菌作用、ガンの予防効果まで期待されているのです。もちろん、花粉症をはじめとするアレルギー疾患に対しても効果が期待されています。

 

緑茶に含まれているカテキンには、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンという物質が過剰になった際、調整する作用があるといわれています。
また、緑茶カテキンは吸収が早いという特徴を持っています。皮膚や粘膜を保護してくれる上に殺菌効果もあるので、素晴らしい飲み物です。

 

お茶の花粉症に対する動物実験の結果では、抗原抗体反応によるI型アレルギーという物質を抑制する効果が認められました。
人が緑茶を飲んで、花粉症を緩和させるためには約10杯(2リットル)を飲まなければなりません。

 

ちなみに、緑茶にはカテキン以外にもたくさんの成分が含まれています。
大量に摂取することで、花粉症を和らげるためのカテキンを摂り入れることができます。しかし同時に、カフェインなどを大量に吸収することになります。

 

カフェインの過剰摂取は、過度の緊張状態が続くとともに心臓に負担をかけることになります。
つまり、動悸や息切れ、不眠になったり、胃腸障害を引き起こす要因ともなりますので、注意が必要です。

 

緑茶を大量に飲むことは良くありませんが、美味しいお茶を飲むだけで花粉症の症状を緩和させることができるのであれば、試してみる価値はあるはずです。
花粉症が始まってからではなく、始まる数週間前から飲み続けることが大切なのです。

甜茶の効果

花粉症予防に効果的な食品として、ヨーグルトに次ぐ人気なのが甜茶です。
花粉症の人の間では有名な飲み物だと思います。

 

そもそも甜茶とは、中国の飲み物です。古来より多くの人に愛飲されてきました。
バラ科の薬草茶なので、薬用効果が期待できます。しかし、あくまでもお茶なので、毎日飲み続けても問題はありません。

 

何故、甜茶が花粉症の抑制に効果があるのかというと、甜茶ポリフェノール(GODポリフェノール)がヒスタミンの抑制分泌を抑えることで改善します。
花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果的だといわれています。

 

甜茶はミネラルバランスが良いので、体内に吸収されやすいお茶です。
体質改善にも役立つので、試してみる価値は十分にあると思いますよ。

赤ワインの効果

大人の皆さんへ朗報です。赤ワインで花粉症を予防することができるなんて、驚きませんか?
お酒を嗜みながら、花粉症も予防できちゃうなんてまさに一石二鳥ですよね。

 

赤ワインに含まれているポリフェノールという成分は、花粉症予防に対して効果があるといわれています。
その理由は、ポリフェノールにはヒスタミンの生成を抑制する作用があるからです。

 

また、ポリフェノールは高い抗酸化作用を持っています。活性酸素を除去してくれるので、老化防止や美容にも効果的とされています。
花粉症が緩和され、老化を防止してくれる・・・嬉しい効果ばかりですね。

 

ポリフェノールはウーロン茶などのお茶にも含まれているので、子どもやアルコールが苦手な人はお茶類を飲みましょう。
もちろん個人差があるため、全ての人に効果が表れるわけではありませんが、お酒を楽しみながら食事をしたい方は赤ワインを選んではいかがでしょうか。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!