アレルギー症状


外国と日本の花粉症の違い

西洋の国でも日本と同様、国民の25〜35%が何かしらの花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の患者であるといわれています。
また花粉症の場合、花粉の飛散が発症に関わる重要な因子です。つまり、どんな花粉症が起こるかはその国の植物の分布状況によって、大きな影響を受けるのです。

 

国別の代表的な花粉症
日本
⇒スギ花粉症
北欧
⇒シラカバ花粉症
北米・イギリス・フランス・ドイツ
⇒ブタクサ・カバ・ヨモギ花粉症

中国の花粉症

中国の例は、日本の花粉症を考える上でとても参考になります。
中国がとても広い国だということは知っていると思います。ですから、地方によって植物の分布状況は違いますから、主な花粉症の患者数の割合も地域によってだいぶ変わってくるようです。

 

スギ花粉に対する特異的IgE抗体を持っている中国人の割合はとても低いことが報告されています。
しかしながら、都内に在住している中国人留学生にはスギ花粉症が多く認められたそうです。
来日してから約4年で花粉症を発症し、眼の痒みが強いという特徴があったのです。

 

この結果を総合的にみると、中国に住んでいた時に抗体を作りやすくなった人が都内で長期間生活しているとスギ花粉症になりやすいといえるのです。
その原因は、東京都内の環境因子ではないかとも言われています。
日本でも、花粉の飛散量以外に大気汚染など別の因子が関係しているのではないかと考えられています。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!