花粉症とはどんな病気?

花粉症とは、花粉に対するアレルギーが原因で起こるアレルギー性鼻炎のことです。
症状の特徴としては、水のような鼻水・くしゃみ・鼻づまりがあげられます。これは三大症状とも言われています。

 

アレルギー性結膜炎
アレルギーが原因により、眼の痒みや目やに、結膜の充血・腫れ、異物間などが起こる病気です。
花粉症はアレルギー性結膜炎を最も合併しやすいアレルギー性鼻炎だといえます。

 

アレルギー性鼻炎と花粉症

アレルギー性鼻炎とは、上記でも説明した三大症状とする鼻粘膜のアレルギー疾患と定義されています。
その中でも花粉がアレルギーの原因となる物質である場合に花粉症と呼ぶのです。

 

通年性アレルギー性鼻炎
ハウスダスト(室内のほこり)やダニの死骸が原因となるアレルギー性鼻炎
一年中症状がみられる
季節性アレルギー性鼻炎
原因となる花粉が大気中を飛散する季節だけに症状がみられる

 

三大症状は風邪などの様々な病気でも見られます。ですから、診断や治療の際には他の病気との区別を正確に行う必要があるのです。
つまり、自覚症状だけでアレルギー性鼻炎もしくは、花粉症であると自分で決めつけてはいけないのです。

花粉症の歴史

欧米では昔から花粉症が知られていました。
しかし日本では、1961年にブタクサ花粉症による花粉症例の1例が報告されました。そこから空中に飛散する花粉と花粉症に関する研究が始まったのです。
1963年にスギ花粉症が発見され、1970年代にかけて様々な種類の花粉症が相次いで確認されました。それと共に、精力的に研究が行われるようになったのです。
1960〜1970年代の関東地方では、ブタクサ花粉症が代表的でした。しかしながら、宅地造成や高層ビルの増加、除草対策の進歩と共に減少していったのです。
これと入れ替わるようにスギ花粉症が急増したのです。
スギ花粉症以外の花粉症患者数はそれほど多くないと報告されていた時代もありましたが、1995年以降は次第に増加しているのです。

花粉症 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状記事一覧

外国 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

西洋の国でも日本と同様、国民の25〜35%が何かしらの花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の患者であるといわれています。また花粉症の場合、花粉の飛散が発症に関わる重要な因子です。つまり、どんな花粉症が起こるかはその国の植物の分布状況によって、大きな影響を受けるのです。国別の代表的な花粉症日本⇒スギ花...

≫続きを読む

条件 - 花粉症予防と対策情報ガイド!花粉の時期とアレルギー症状

花粉の飛散量は、雨が降った翌日がよく晴れ、風が強い場合に増加します。スギやヒノキなどは、風によって受粉するため30〜40km以上の長距離を飛散するのです。スギの雄花が作る花粉の量は、前年の夏の気候に左右されます。夏の気温が高く、降水量が少ない。なおかつ日照時間が長いと大量に花粉が作られるのです。飛散...

≫続きを読む

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!