食べ物


【プロポリ水】インフルエンザ対策・風邪対策・花粉症対策・口臭予防に!天然の抗生物質で健康...

花粉症対策に抜群のパワー!プロポリス

 

*ブラジル産最高級プロポリスエキス配合

*水に溶かしてうがい

*ジュースや料理に入れてもOK

*マイルドな口当たり

*高齢者からお子様まで安心してご使用できます

*プロポリスは医薬品に匹敵する抗菌作用

花粉症にまつわる食事

精製された植物油脂は×。機械搾りの油を使おう!

シソ油・アマニ油・エクストラバージンオリーブオイル⇒少量だけ使う
マーガリン・マヨネーズ・サラダ油・紅花油・キャノーラ油・大豆油⇒使用禁止

 

常に腸の状態を意識する

  • 油の総量を控えて、腹八分の食事量にする
  • 不溶性・水溶性、どちらの植物繊維もきちんと摂取する
  • オリゴ糖・ビオフェルミン・ミヤリサン・納豆・ぬかずけを意識的に食べる
  • ヨーグルトを食べる場合は、砂糖・脂肪抜きのものを選ぶ(甘くしたい場合はオリゴ糖をかける)

 

抗生物質・解熱鎮痛剤・合成保存料・合成着色料は避ける

抗生物質は腸内細菌フローラに影響し、解熱鎮痛剤や合成保存料は腸管透過性に影響する。また合成着色料黄色4号は、特にアレルギーを起こしやすいので注意が必要。

 

ゴマやショウガを食べる

ゴマに含まれるセサミンには、抗アレルギー作用があります。また、ショウガの中に含まれているクルクミンは免疫活動を抑える可能性があります。
ただし、ショウガは食べ過ぎないようにしてくだしあ。

 

合言葉は「孫は優しい(マゴワヤサシイ)」

  • マ:豆
  • ゴ:ゴマ
  • ワ:ワカメ(海藻類)
  • ヤ:野菜
  • サ:魚
  • シ:シイタケ(キノコ類)
  • イ:イモ

和食に使用される食材は、意識的に食べることをお勧めします。

 

お肉は避けるべき!?

牛・豚・馬・鶏肉や肉エキスの入った加工食品の摂取はできるだけ控えましょう。たんぱく質は魚や大豆食品で摂取することをお勧めします。
また、外食やコンビニのお弁当は極力避けて、シンプルな手料理にすると良いでしょう。
そもそも日本人は、野菜や魚介類ばかりを食べている生活をしていました。ですから、お肉を食べるという食生活自体がなかったのです。

 

アルコールが与える影響

アルコールを摂取することで、血管が拡張するために鼻水や鼻づまりといった花粉症特有の症状がひどくなる可能性があります。
稀にですが、血流改善作用により症状が良くなるケースもあるそうですが、「寝る前の一杯」は症状悪化を引き起こす原因ともなりますので控えましょう。

 

砂糖は花粉症の大敵

コーヒーや紅茶を飲む際に砂糖を入れて飲む人も多いと思いますが、花粉症の症状を悪化させる要因となります。砂糖は、天然には存在しない食材だからともいわれています。

 

インスリンの分泌がアラキドン酸を増やす⇒アレルギー悪化
アラキドン酸は牛肉や卵などに多く含まれている物質です。アラキドン酸カスケードと呼ばれる仕組みにより、プロスタグランジンE2(PGE2)が生成されます。PGE2は液性免疫を強化し、ヒスタミンの分泌を増やすのです。
また砂糖を直接摂取することで、血糖値が急上昇します。これによりインスリンも大量に分泌されます。これによりアラキドン酸が多く生成され、アレルギーの悪化へと繋がりのです。
他にも砂糖は、八卦級の働きを弱めます。Th1からTh2へバランスを傾かせることで、アレルギーが悪化します。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!