通販


空気清浄機の選び方と使い方

花粉症対策を最優先するのであれば、1台数千円程度の安い空気清浄機を主要な部屋の数だけ購入すると良いでしょう。
高い空気清浄機の方が花粉の除去率も良いと考えがちですが、空気清浄機の花粉除去機能自体は数万円の物であっても、数千円の物であってもほとんど変わらないのです。
あくまでも花粉症対策として空気清浄機を買うというのが大前提ではあります。花粉を除去する上で、プラズマクラスターイオンなどといった高機能なものはいらないのです。

 

玄関・リビング・寝室や各部屋に1台ずつ安い空気清浄機を設置して下さい。これだけで絶大な効果を発揮するのです。特に、玄関に空気清浄機置くことは、効果的な花粉対策です。
リビングに設置してある空気清浄機で玄関の空気まで浄化しようと考えている人も少なからずいるでしょう。そのためにはまず、玄関とリビングの間を開放し、外から入ってきたアレルゲン粒子の空気をリビングへ引き入れなくてはいけません。しかしこれでは、アレルゲン粒子だらけのリビングになってしまいます。

 

玄関でアレルゲン粒子の侵入を防ぐことで、家の中を快適な状態に保つことができます。玄関の空気清浄機は常にフルパワーにして、各部屋のドアは常に閉めておきましょう。

高価な空気清浄機の真実

上記でも述べましたが、花粉除去を目的として空気清浄機を使用するのであれば、安い物でも高い物でも変わりはありません。
たとえば1台50,000円する空気清浄機Aと1台8,000円の空気清浄機Bがあるとします。どちらもHEPAフィルターを使用しているので、粒子除去性能の部分ではほとんど差がありません。では何故、こんなにも金額が違うのでしょうか?

 

たとえばAの方は「プラズマクラスターイオンで花粉アレルゲンに効果!研究で実証されました」といったようなキャッチフレーズを載せて、大々的に宣伝しています。このような精密な機能が価格を上げている要因です。

 

しかし公開されいてる文章などを読んでみるとかなりインチキ臭いことが書かれている物もあります。
そもそも空気中に浮遊するアレルゲン分子を含んでいる粒子を十分に無効化するためには、かなり濃度のプラズマクラスターイオンを放出しなければなりません。つまり、それだけ濃度の濃いプラズマクラスターイオンを放出すると人体に害を与えるのです。
人体に有害な濃度を放出する空気清浄機を販売するわけにはいきませんよね?人体に害のない範囲でとなるとやはり、ごく弱い効果しか出すことができないのです。

 

アレルゲン分子を含んだ粒子の表面の一部を破壊しても、粒子の内部のアレルゲン分子は機能を失いません。
アレルゲン分子とは、特定の種類の分子が混じってるだけの物質の塊です。つまり、アレルゲン分子を破壊したいのであれば、そのアレルゲン分子自体を壊さなくてはいけないのです。
よって、そのような強力な科学活性を持ち合わせたプラズマクラスターイオンを大量発生させてしまえば、必ずと言っていいほど人体へ悪影響を与えるでしょう。しかしながら、販売メーカーは人体への影響はないということを押し出しているのですから、花粉除去にはあまり効果がないといっていいでしょう。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!