花粉症状


部屋の中を綺麗にする

 

花粉を外から持ち込まないことも大切ですが、花粉の溜まりにくい環境を作ることも重要です!
花粉の溜まりにくい環境というのは、家具の配置が掃除のしやすい場所になっていることだったり、床がフローリングであることです。また、整理整頓をしっかりと行い、出しっ放しの物を減らしましょう。

 

空気が動かないところには花粉が溜まりやすいのです。また、物が散乱している場所もホコリや花粉が溜まる場所の一つです。
つまり、雑誌が散乱していたり、小物がテーブルにたくさん置いてあるのもいけません。
出ているものをできる限り減らすことが重要なのです。

 

カーペットやカーテンといったように布製品は花粉が付きやすいものです。できる限り、ツルツルした素材の家具を選び、置くようにしましょう。
部屋の掃除がしやすい環境を作ることが、花粉のない室内つまり、快適な部屋になるのです。

部屋の湿度は50%にする

湿度が50〜55%、温度が20〜25℃に保たれている部屋が花粉症の人にとって、快適な部屋だといわれています。
花粉は湿度が高ければ早く落ちて、湿度が低ければ空中に漂っています。
鼻や喉、目の粘膜にとっても、乾燥は大敵なんです!適度な湿度が保たれることによって、症状がかなり緩和されるのです。

 

掃除する前は特に、部屋の湿度を調整すると良いでしょう。
ただし、湿度の上げ過ぎは逆効果です!部屋の中がダニやカビの繁殖しやすい環境となってしまうからです。
正確な湿度を把握しておくためにも、部屋に湿度計を確認しましょう。

 

湿度を上手にコントロールするためには、加湿器などを使用すると良いです。
しかし、部屋に濡らしたバスタオルを掛けておくだけでも、湿度を上げることはできます。
花粉症は乾燥が大敵です。とりあえず湿度を上げるという目的であれば、バスタオルを使っても十分に効果を得ることができます!

寝ている間は濡れたマスクをする

「寝るときにもマスクをしている」という人もいるでしょう。花粉を防ぐという点においては大きなメリットがあります。
しかしこの方法は合わない人もいるので、全ての花粉症患者にオススメできるものではありません。

 

濡れたマスクを使うことで、更なる効果が期待できます。
濡れたマスクをつけることにより、呼吸で水蒸気を吸いこみます。したがって、鼻の粘膜が湿り、炎症が軽くなるのです。
もちろん、マスクと顔の間に隙間を作らないので花粉の侵入も防げるのです。

 

寝ている間は無意識に口呼吸をしている人が多いのですが、濡れたマスクを使用すると口で呼吸をしにくくなります。
水蒸気を吸い込むため、鼻の通りも良くなり、鼻呼吸が体に染み付くのです。

 

しかしながら、鼻づまりが酷い時は避けた方が良いでしょう。
また、アトピー性皮膚炎の人が濡れたマスクを使用すると肌荒れを起こす可能性があります。

 

小さい子にオススメ! 子どもや女性にオススメ! 大人にオススメ!

【幼児・子供用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 50枚セット

【n99規格準拠】エースレギュラーマスク50枚入り レギュラーサイズ(大人用)

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!