花粉症状


注意するべき日

外出時にオススメのアイテム
空気清浄機 ストッパー

鼻腔洗浄器

携帯用空気清浄機 airsupply(エアサプライ) as150mmb ブラック

携帯用空気清浄機 AirSupply(エアサプライ) AS150MMB ブラック

ピットストッパー sサイズ・女性向け【14個入り】

ピットストッパー Sサイズ・女性向け【14個入り】

ピットストッパー Rサイズ【14個入り】

【花粉対策】鼻腔洗浄器 ナサリン 携帯用キット

【花粉対策】鼻腔洗浄器 ナサリン 携帯用キット

 

花粉症を対策するにあたってとても大切なことは、花粉がいつ飛んでいるのかを知ることです。
様々なデータをもとに調べた結果、以下のような日が注意するべき日となりました。

*晴れまたは曇りの気温が高い日
*湿度が低く、乾燥している日
*風が強い日(南風から北風に変化)
*前日が雨の日

 

さらに、1日の中でも花粉が多く飛ぶ時間帯があります。気温や風の強さによっても異なりますが、下記の時間帯には特に気をつけましょう。

*12時半〜15時
(朝、スギの花粉が飛び始めてから都会までにたどり着くタイムラグにより)
*日没直後
(気温が下がり、上空の花粉が落ちてくるため)

 

もし外出する日時が選べるのであれば、上記のような条件は避け、午前中のうちに済ませて下さい。
とは言え、誰もが自由に時間を選べるわけではありません。ですが、このようなことを知っているだけで花粉の対策も立てやすくなるでしょう。
花粉症のシーズンになったら、テレビやインターネットなどでも情報が提供されるので、こまめにチェックしましょう。

花粉から身を守る

「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒み」これらを花粉症の四大症状といいます。
お気付きかもしれませんが、目と鼻さえガードすることができればだいぶ花粉症は楽になるということです。

 

●メガネ
目の粘膜に花粉が付かないようにします。
花粉症用のゴーグルやサイドにカバーのついたものを選びましょう。また、度入りのものや自分のメガネの上からつけられるもの、サイドに付けるカバーも売られています。
花粉症用のメガネといえば、「大きくてダサい」といったイメージを持っているかもしれませんが、オシャレなデザインのものも増えています。
それでも「やっぱり嫌だ・・・」という方は普通のメガネだったり、サングラスでも効果は期待できます。
ただし、コンタクトを使用している人は花粉症のシーズンだけでも、メガネと併用しましょう。目のアレルギー症状が悪化するなどのデメリットがあります。

 

●帽子
髪の毛は花粉が非常につきやすいのです。髪の毛についた花粉は徐々に目や鼻の方に落ちて来るのです。
人によっては、花粉が耳の中に入ることで炎症を起こし、痒くなる人もいます。ですから、できるだけ髪の毛に花粉を付けないように注意する必要があります。
つばの広い帽子をかぶることで、花粉をガードすることができます。
自分の周りにも付着した花粉を飛ばすことがないので、外出する際には必須アイテムとなるでしょう。
また髪の毛の長い人は、なるべく髪をまとめておきましょう。

 

肌を露出させない

花粉症対策の基本は、肌を露出させないことです。稀ではありますが、花粉症が原因で皮膚炎を起こす人もいます。
首筋は襟で皮膚が擦れ、花粉が溜まりやすい部位です。スカーフやマフラーを巻いて、ガードしましょう。
また、出かける際はコートを羽織ると良いでしょう。直接服に花粉が付くのを防いでくれます。ツルツルした素材のなるべく丈が長いコートがベストです。
できることであれば、スカートよりパンツスタイルにしましょう。スカートは足に花粉がついてしまうし、動くたびに花粉を舞い上げてしまいます。

 

メイクは薄めに

いくらメガネやマスク、帽子をして外出しても、顔の肌は露出してしまうものです。
酷い場合は肌がほてり痒くなったり、瞼が腫れぼったくなったり、顔がピリピリしてきたり・・・こんな症状を引き起こす可能性があるのです。
化粧品類はベタついてるため、花粉がつきやすくなります。つけまつげやラメなどを使ったメイクはもってのほかです!
もちろん、会社勤めしている女性はスッピンで出勤はできませんよね。ですから、最低限のメイクをして出かけましょう。もしできるのであれば、昼休みにメイクを一度落として顔を洗いましょう。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!