花粉症状


昔ながらの和食

花粉症の原因はいくつかありますが、その中の一つが食生活の変化なのです。
戦後、日本人の食生活は急激に変わりました。欧米型いわゆる、肉や卵を中心にした高タンパク・高脂肪の食事です。
歴史的に食べてこなかったものが体内に入るのですから、毒性はなくとも日本人の体質には合わないのです。

 

日本が世界一の長寿国であることを知っていますよね?その要因は食生活にあるのです。
昔ながらの和食は、でんぷん(穀物)の比率が高い食事です。植物性タンパク質(大豆)を中心に、時々動物性タンパク質(魚)を補っていました。つまり、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素のバランスがとても良い食事だったのです。

 

それに比べ、肉や卵には異種タンパク質という、消化されにくいタンパク質が沢山含まれています。
分解されないまま腸に贈られると悪玉菌が増加し、免疫機能のバランスが崩れていくのです。
悪玉菌が増えることで、異種タンパクのアレルギーを起こしているところに、別の異種タンパクつまり、花粉が入ることで酷いアレルギー症状を引き起こすといわれているのです。

 

以上のことからもわかるように、花粉症に負けない体をつくるためには、昔から親しまれてきた和食を食べることが大切なのです。
すでに花粉症である人も、症状を和らげる可能性があるので、意識して和食に変えてみてはいかがでしょうか?

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!