アレルギー鼻炎


肥満細胞安定薬

くしゃみや鼻水の原因となる化学物質(ヒスタミン・ロイコトリエン・トロンボキサンA2など)が、肥満細胞から放出されるのにストップをかけます。
眠気や喉の渇きのような副作用がないため、症状の軽い人に使うことが多い薬です。

抗ヒスタミン薬

くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状は、肥満細胞から放たれたヒスタミンが鼻粘膜の受容体に結合して、アレルギー反応を生じることで起こります。この抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが受容体にくっつくことで邪魔をします。

 

抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代に分けることができます。
第一世代
くしゃみや鼻水には効果がありますが、鼻づまりにはあまり効果が表れません。また、眠気、胃腸障害、喉の渇き、めまい、頭痛といったような副作用があります。
第二世代
持続性に優れていて、鼻づまりへの効果もあります。全身への副作用がほとんどないので、安心して使用することができます。

ステロイド薬

ステロイドという言葉を聞いたことがありませんか?よくドーピング問題などで取り上げられています。
ホルモンやビタミンといったように重要な人体の構成物質であり、もともと体内で合成されるものなのです。

 

即効性はあるのですが、顔や手足のむくみ、顔のほてり、微熱、胃腸障害、高血圧や心不全、生活習慣病の悪化といったように副作用が多いのです。

 

とても強い薬なので、点鼻薬の場合は症状の出ている数週間〜数ヶ月、内服薬は特に症状の重い2週間が限度です。

漢方薬

漢方薬も薬ですから副作用はあります。
ただし、自然の成分を使用しているため化学薬品と比較すればだいぶ少ないのです。また、漢方薬の場合は症状を抑えるだけでなく、体質改善の効果も期待することができます。
メリットだらけのように感じるかもしれませんが、あくまでも薬であることを忘れないで下さいね。服用にはちゃんと注意が必要です。
用法や用量、使用上の注意など専門家のアドバイスをきちんと守りましょう。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!