アレルギー鼻炎


安易に薬を使用しない

医療機関で使用される薬であっても、市販の薬であっても絶対に安全という薬はありません。
特に、妊娠3ヶ月以内は胎児の重要な器官形成期にあたります。薬によってはこの時期に服用することで奇形を誘発する可能性があるのです。
また、妊娠5ヵ月以降は胎児毒性がある薬は使用することができません。

 

授乳中に薬を使用しない方が良いというのは、母乳から分泌される薬もあるからです。直接赤ちゃんが口にするのですから、影響を与えることになります。
花粉症に使用される抗アレルギー薬は、ほとんどが母乳から出てくる量はごく微量であると考えられています。しかし、安全を考慮する点から基本的には使用しない方が良いでしょう。

 

妊娠中や授乳中は、安易な市販薬の使用は避けましょう。医師ときちんと相談した上で、薬を服用するかを決めて下さい。

使用される薬

妊娠3ヶ月以内は原則として薬を使用しない方が良いと考えれれています。
この期間を過ぎると、点眼薬や点鼻薬のような体内に吸収される可能性が少ないとされている薬は、有益性が高いと考えられる時に使用することがあります。また、抗ヒスタミン薬でも比較的安全性が高いことが知られている薬に関しては、使用量限度を守ることで服用することがあります。

 

しかしながら、本当に気をつけなければならないことは薬の心配ではありません。実は、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の原因となる抗原を吸い込まない努力をするということです。
この努力が怠れば、薬を飲んでもあまり意義がなく、薬を飲まない場合は症状が悪化するばかりなのです。

 

徹底した室内の掃除やマスク、メガネを使うことで、抗原を避けることが可能です。
妊娠初期には、温蒸気だけの吸入をすることも一つの手段です。専門的な吸入器ではなく、家電量販店等で販売されている器具で十分です。

薬を使用後、妊娠がわかった場合

妊娠4週以内は赤ちゃんの細胞が増殖する時期であり、内臓や筋肉、眼や鼻などの器官や組織は形成されていません。
ですから、この時期に薬を服用しても特に問題はありません。
しかし、妊娠5週以降は期間形成期であるため産婦人科医と相談する必要があります。

 

妊娠を望む女性は、妊娠予定日の2週間以上前に薬を中止することで、体内にはほとんど残っていない状態となります。
もちろん、妊娠4週以内に妊娠検査薬で陽性反応が出ているのを確認してから薬をやめても、問題がないと思われます。
ちなみに男性の場合、薬を服用していても赤ちゃんに影響することはまずありません。少なくとも今のところ、影響があったというデータはないのです。

 

妊娠4週以内 薬を服用したとしても問題はありません
妊娠5週〜3ヶ月

器官形成期にあたるため、薬を服用しない
もし服用してしまった場合、産婦人科医との相談が必要

妊娠3ヶ月以降

体内に吸収される可能性のない薬の使用が可能
ただし、有益性が高いと判断された場合

妊娠5ヶ月以降 胎児毒性のある薬を服用しない

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!