薬の副作用


薬を服用する

耳鼻咽喉科で検査を行い、花粉症と診断された場合は基本的に薬物治療を行います。
薬を飲み始める時期ですが、症状が出始めてからつまり、花粉が飛散し始めてからでは遅いのです。
症状が出ていなくても、花粉の飛ぶ時期より2週間も前から服用を始めなくてはいけません。
しかし、たったこれだけのことを行うだけで、シーズン中の症状が軽くなることが確認されています。また、内服期間も短くなるのです。

 

花粉症のシーズン前や軽症の場合、初期療法(予防的治療法)と言います。
第二世代の抗ヒスタミン薬・肥満細胞安定薬など、抗アレルギー剤を服用するだけでいいのです。

 

花粉症のシーズンに入り、症状が強くなったら第二世代の抗ヒスタミン薬・肥満細胞安定薬の他に、ステロイドの点鼻薬や点眼薬、内服薬を投与する導入療法を行います。

 

症状が落ち着きをみせたら、様々な薬を組み合わせて行う維持療法へと変えていきます。

 

処方されている薬について知ることで、安心できますよね。体内に摂り入れるのですから、きちんと薬剤師の説明を聞き、理解することが大切です。

副作用に注意

薬を服用する上で心配なことといえば、副作用だと思います。
多かれ少なかれ薬には、何らかの副作用があり、いかにそれを少なくするかというのが薬物療法のテーマでもあるのです。

 

市販薬(一般用医薬品=OTC)も注意が必要です。
薬局で販売されている薬にも、医師から処方された薬と同じように抗ヒスタミン薬や交感神経刺激薬など、様々な物質が配合されています。

 

市販薬を使用する上で1番大切なことは、用法・容量をよく確認し、使用上の注意を守ることです。
また、妊娠中や授乳中の女性、ぜんそくや胃潰瘍などの病気を持っている人は使用しないで下さい。
さらに健康な人であっても、市販薬を使用するのは1週間以内ということを守るようにして下さい。
薬を使用することで、逆に花粉症を悪化させてしまうこともあるのです。

 

市販の薬を使用するなとは言いませんが、あくまでも使い過ぎは厳禁です。
自分の体質に合った薬がありますから、花粉症がひどい場合には一度医師に診察してもらいましょう。

オーダーメイドの治療

内服薬・点眼薬・点鼻薬を組み合わせることで、大きな効果が得られるはずです。
しかしながら、重症なのか軽症なのか、鼻づまりがひどいのか、鼻水が多いのかなどによって、組み合わせ方が異なります。

 

厚生労働省の研究班が作成した鼻アレルギー診断ガイドラインというものがあります。
これは、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状の組み合わせを軽症(1点)〜最重症(4点)でスコアかすることができます。これを元に重症であるかどうかを判断することができます。

 

現在ではオーダーメイド治療(テーラーメイド治療・カスタムメイド治療・個別化治療などともいう)が主流となりました。
たとえば、職業がドライバーである人には眠気が出ない薬を処方したり、薬が効かない人には手術を勧めることもあります。
このように、患者に応じた治療法を提案するのです。

 

花粉症は体質やライフスタイルによって、症状が全く違う病気です。
したがって、自分にとって最も合った治療法を探すことが花粉症を緩和させる近道となるのです。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!