花粉症とは・・・

 

日本人の5〜6人に1人が花粉症といわれている時代です。現在では幼児や小学生でも発症することがあります。
もちろん、花粉症が悪化することで死亡することはありませんが、完治しない病気です。

 

花粉症の正式名称は季節性アレルギー性鼻炎といい、アレルギー疾患の一つです。
つまり、アトピー性皮膚炎やじんましん、食物アレルギーなどの仲間ということです。

 

さらに細かくみると花粉の時期に関係なく起こるものを通年性アレルギー性鼻炎といいます。
これはチリやダニ、ハウスダストなどが原因となり、発症します。

 

花粉症の原因となる花粉の種類は80種類ほどあるといわれ、大きく別けると樹木と草花となります。
日本においては、スギ花粉により花粉症の症状が出るといわれています。

 

花粉症はアトピー性皮膚炎や気管支喘息などとセットでかかってしまう人が少なくないという、注意が必要な病気なのです。

 

主な症状としては、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどが挙げられます。
花粉と接触した際に症状が出てきます。その時間は数分から数時間以内に表れるといわれています。

 
風邪と花粉症の違いとは?

風邪の場合、通常は1週間程度で治ります。
しかし花粉症は、原因となる花粉が飛んでいる期間ずっと続くのです。
また、風邪の場合鼻水はねっとりしたものですが、花粉症はさらさらとした鼻水です。

15日で花粉症が治まるってホント!?

多くの花粉症やアレルギー患者の方々は「もう治らない!」と諦めていることでしょう。しかし、まだ諦めるには早過ぎます

どんなに酷い鼻づまりであっても、2週間あれば綺麗に鼻が通るようになるのです!15日で治したい方必見!